高階建設ロゴ
トップページ
社長ごあいさつ
会社案内
事業内容
ボランティア活動
お問い合わせ
スタッフブログ

有限会社 高階建設
秋田県仙北郡美郷町黒沢字西野187-2
TEL:0187-85-3222
FAX:0187-85-3288

お問い合わせはこちら

事業内容 - タイト・モールド工法

「タイト・モールド工法」という住宅向けベタ基礎断熱システムの責任施工事業
省エネ対応型の全く新しい「ベタ基礎断熱の新技術」。
単なる技術的な工法説明のみではなく、
「今後、住宅業界において省エネルギー対応が必然の流れの中、地域で活躍する住宅会社として如何に差別化を実現して、お客様に支持される事業展開を図るか」という点や「自社の住宅商品の省エネ対応力や耐震・耐久性の大幅アップ」、
「住宅の温熱環境の大幅改善」といった省エネ対応、地震対策、
宅内の快適性向上による顧客満足度アップと業績への相乗効果などを網羅する最新技術。



従来、ベタ基礎、外側基礎断熱、コンクリート1 回打ち、防蟻処理が基礎としてもっと良い組み合わせだでしたが、シロアリやコストなどの面で、全ての条件をクリアするためには、今まで非常に困難でした。
それでも私共は色々な基礎工法を探し、ついに、様々な問題をクリアする基礎工法を発見しました。
それが、【タイト・モールド工法】です。


タイト・モールド工法とは?

防蟻処理の施された断熱材を型枠として用いる住宅基礎工法で、
基礎工事を行うのと同時に、基礎断熱処理、防蟻処理を行うことができます。







タイト・モールド工法は外側基礎断熱を採用しています。
床下も室内空間と同様に断熱材で覆いますので、1階の床は夏は涼しく、
冬は暖かくなります。
外側基礎断熱は断熱材を通って白アリが屋内に侵入するという弱点がありますが、
タイト・モールド工法では、型枠断熱材に人体に無害なホウ酸を練り込み、
また、アルミ製の笠木をかぶせることにより白アリの侵入をシャットアウトします。





耐圧盤と立ち上り部のコンクリート打設を1 回で行うことにより、
コンクリートの打ち継ぎ目が発生しません。
そのため、ひび割れや浸水を防ぐことができ、「強い基礎」を作ることができます。
また、タイトモールドには二重の防蟻処理が施されているため、
シロアリの侵入もシャットアウトします。





「外側基礎断熱」「防蟻処理」「コンクリート1 回打ち」を全て行おうとすると、
通常の基礎工事に比べ、非常に金額が高くなってしまうという問題がありました。
しかし、タイトモールドは、
コンクリートの型枠に防蟻処理の施された断熱材を用いることにより、
施工の手間を極力減らし、工期を短縮することでコストを抑えることができます。



※ハイアス・アンド・カンパニー株式会社の許可を得て掲載しております。

下記画像をクリックすることで、PDF資料をダウンロードできます。

白アリ対策万全

基礎断熱による自然エネルギーの有効活用

Copyright (C) Takashina construction Co.,Ltd.